スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緩やかな高原の道を走っていた私が、高速道路へ乗ってみた。

  • 2011/03/04(金) 00:59:57


約一か月ぶりです。
お久しぶりです、菱田愛日です。

なんでこんなに間があいたかというと、2月が短かったからです。
全ては2月が悪いのです。
さて、今回のブログは
『穏やかな高原の道を走っていた私が、高速道路へ乗ってみた』というお話です。
しかし、愛日は免許を持っていません。
という事で、無免許の話……ではなく、たとえ話です。

私にとって、『空の彼方』は、穏やかで綺麗な景色が見れる平原の道でした。
すれ違う車は少なく、視界を遮るもの少ない、とてもお気に入りの道でした。
道の両サイドには、遠くまで花畑が広がって、空はとても晴れて青く高い。

でも、そんな私の前に現れた交差点。
一つはそのまま高原を走り続ける道。
もう一つは、高速道路へ乗り込むための道。

そして私が選んだ道は、今まで一度も走ったことのない、高速道路へ向かう道でした……

という事で!!
5月に電撃文庫から新刊を出します!!

◆夜のちょうちょと同居計画!
著/菱田愛日 イラスト/未定
学生が職業を持つ自立都市で俺を待ち受けていたのは、キャバクラのボーイ!? 
しかも同級生がキャバ嬢で同居だって!? 前代未聞の学園キャバクラブコメ登場!

はい、ラブコメです!
学園+同居生活+キャバクラ+ラブコメ!

このブログを見て頂いている方は、前作『空の彼方』との差にびっくりされる方もいるかと思いますが、
菱田、ラブコメ書きます!

ラブコメといえば、超激戦区です。
平均時速200キロオーバー(法定速度は守りましょう♪)
車線変更だけでいっぱいいっぱい。
スポーツカーもデコトラも、びゅんびゅん走っております((+_+))

ハンドルを握る私自身、びくびくだし、どきどきだし……。
でも、走ってみたかったのです!!

正直、このお話を書き始めた頃、
どうやって走ればいいのかもよくわかっていなくて、
走りなれた平原が懐かしくなったりもしました。
でも、一冊書き終えた今、思うんです。

あー、私はやっぱり私だ。
走る道や速度や、走行のさせ方が変わっても、
運転している人は同じだし、乗ってる車も同じだし、乗せてる荷物も同じ。

だから
「えー、私ラブコメとか苦手だ」
とかっ!
「愛日、変わっちまったな……」
とか思ったそこの貴方も、よかったら少しだけ興味を持ってもらえれば嬉しいです。

そして、「どうしても苦手だなぁ~」
と思った貴方。
出来れば愛日の事を忘れずに、あの平原で待っていてください。
私も大好きなあの平原には、また走りに行きたいと思っていますので……。

さて、随分長くなってしまいましたので、今回はここまで。
纏まってない文章で申し訳ない(><)
何か進展がありましたら、この場でご報告させていただきます♪

それでは、またね~♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。